2013年4月7日日曜日

それでも人は恋をする

仕事が忙しくなると男性は恋を捨てる。
恋にうつつを抜かしている場合ではないと考える、そして仕事が落ち着いた頃に後悔をする。
今まで”恋を捨てる”というのは男性のすることだった。
だけど最近は恋を捨てる女性も増えてきた。
恋愛は女性の命のようなものなのに。
だけど理由が男性とは違う。

”相手に深入りをせず、スマートに恋愛を楽しむ”
(複数の男性と)
深入りをしなければ傷つかなくて済むし、自分の時間や領域を侵される心配はない。
嫉妬をしない為に複数の男性を抱え、つかず離れずの関係を楽しむ。
のめり込みそうになった時は身をかわし、女としてのプライドを守ることを優先する。

これって恋だろうか?
かつて自分もこのような状態にいたことがあった。
今はこれで良いんだと言い聞かせてはいたが、気持ちの深い部分まで満たされることはなく、一人になると倍淋しさを感じていた。
面白くもなんともない。

恋をすると、主体性は奪われ今までのリズムは狂う。
情緒不安定にもなる。
景色が違って見えるのはそのせいだ。
小さなことにも歓びを感じられるようになる反面、
涙もろくなる。
それがコワくて、前に進めない人が多い。
自覚しているかしていないかは人それぞれだけど、
恋愛とは人を裸にしてプライドを捨てさせるものだ。
その結果、報われずとも相手のことを思い、尽くし続けるかたちを選ぶこともある。

恋愛に夢中の人は、なかば捨て身で”愛”に飛び込んでいく。
その感覚は、プライドを守るため必死に境界線をひいている人にはわからない。
小さなプライドにしがみついて守ろうとする心の自由よりも、
もっと大きな自由がその先にあることをわかっている。




(こちらは2013年4月まで「バスローブ・ルームウェアの専門店affetto」にて掲載されていたコラムです)



affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /