2013年4月7日日曜日

うまく噛み合ない・・・と感じたら

か最近パッとしないとか、うまくいっていないとか感じるときがある。
何かしっくりきていないのに原因が解らなかったり原因は解っているのに、見てみぬフリをしてしまうことがある。

特に恋人とうまく噛み合わないと感じる時は、他のことをしていてもモヤモヤが消えなかったり集中できなくなってしまう。

人は嫌なことや面倒くさいと感じることは後回しにしてしまう。

何かがズレているのは感じていても根本から眼を背け、きちんと向き合おうとした時には既に遅かったという事になったりする。

「うまく噛み合ない」と感じる場合、いくつかの可能性があります。

1つ目はどちらか一方に
この先もずっと一緒にいたいという気持ちがない場合。
この場合は、何よりもまず愛情問題に眼を向けなければならない。
もちろん時間をかけて付き合っていけば”情”や”愛着”は生まれるかもしれない。

ですがこの
”情”や”愛着”が”愛情”に変らない限り、
思いは平行線をたどってしまう場合が多く、気持ちが触れ合うのは難しくなってしまう。

きちんとお互いが愛し合えるかという問題に向き合いたくないのかもしれない。
ですが、この問題を無視して先に進もうとすると、
相手の気持ちを引き寄せるより遠ざけてしまうこともある。

2つ目はお互いに愛情を持っているのに相手を後回しにしてしまっている場合。
この場合はタイミングもある。
仕事など他に優先しなければならないことがある場合、個人的な愛情関係はつい後回しにしてしまう。
お互いに仕事をしているカップルなら、なかなかタイミングを合わすのが難しい場合もある。
お互いに愛情をもつことができていれば、数週間や数ヶ月、会えない日が続いたとしてもさほど問題ではない。

3つ目は、どちらか一方だけが考えすぎて不安に思っている場合。
こういう場合は、相手から自分が満足いくだけの愛情を
”カタチ”で受け取っていないから不安に思ってしまう場合が多い。
メールの数とか、
自分が期待する言葉とか、
自分を安心させてくれる態度だとか、
自分は毎日連絡を取りあうのが当たり前と思っていても、
相手は週に1回がベストなのかもしれない。

「好き」という言葉で表現して初めて心に響くと思っていても、相手は言葉ではなく態度で示せるのが本当の愛情だと思っているかもしれない。

相手は自分とは違う人間で育ってきた環境や出会った人が違うのだから同じ価値観のはずはない。
相手はどんな付き合い方を求めているのかとか、
自分の期待するカタチで愛情をくれないから不安に思ってしまう、
という「自分の相手に対する不信さ」
こそ見直さなければならないのかもしれない。

 

(こちらは2013年4月まで「バスローブ・ルームウェアの専門店affetto」にて掲載されていたコラムです)



affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /