2013年4月7日日曜日

ダメだと解っていても切れない関係

ダメだと解っているのになかなか別れられない、腐れ縁といわれる関係がある。
なにかと理由をつけて連絡をしてしまう、連絡がきたら、応えてしまう。
「ダメだと解っているんだけど・・・・」

人間関係以外にもこういうことは沢山ある。
お酒やタバコも、カラダに悪いとは解っているんだけど止められない。
このままでは良くないと思いつつ、なかなか次ぎの仕事に進めない。

自分でも”悪いこと”と解っているのになかなか止められない。
こんな不思議な葛藤が世の中では沢山ある。

人は誰でも心の中に自分の信念とは逆の、自分が理想とする行き方を邪魔するような考えを持っている。
なぜ、そういう考えを捨てきれずに抱えてしまうのか?
それはかつてその考え方や思いが、あなたのことを守ってくれることがあったからだろう。

あんなにカラダに悪いとされているお酒も仲間とワイワイ飲むのは楽しいし、いざという時は、緊張を和らげてくれる特効薬の役目を果たすこともある。
ダラダラと関係が続いてしまっている元恋人だって、楽しい時間や嬉しい気持ちを沢山くれた。

この思いが、捨てるのがコワくてずっと抱えてしまっている原因だったりする。
ですが、いつかは思いきって捨てなければなりません。

どうしても捨てるのがコワいという時は、自分の中の障害となっているものは何なのか、ということを考えて欲しい。
以外なほど小さなものが障害となっているのに気が付くかもしれない。

そして自分の中の本当の気持ちを引き出す事ができたとき、誰かが本心で応えてくれるということも少なくない。




(こちらは2013年4月まで「バスローブ・ルームウェアの専門店affetto」にて掲載されていたコラムです)



affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /