2013年4月7日日曜日

好きな人に愛されなかったら

好きな人が自分の方を向いてくれなかったり、別れてしまうことがあると、動揺してしまいどうしたら良いか解らなくなってしまうことがある。
一度好きになってくれたからといっての愛情が変らず一生続くことはなく、人の気持ちは常に変化する。

「好き」か「嫌い」かだけで判断することは難しく好きな部分はあるが、嫌いな部分もあるというのが普通の感情だ。

他人の愛情を自分の思うように操ることも出来ないし、
この先間違えなく自分を愛し続けてくれる人を選ぶということも出来ない。
相手が自らの意思で愛してくれること以外、愛される方法というのはこの世に存在しない。

私たちが出来ることというのは、相手を大切に思っている気持ちを精一杯に示すことと、

愛情を受け取ったときに「ありがとう」と気持ちよく受け取れるように、受け入れる準備をしておくことだけだろう。

あなたが既に終わってしまった恋や、なかなか振り向いてくれない相手に対して、苛立や憎しみを感じているのなら、あなたの気持ちは愛情とは少し違った方向に向いてしまっている証拠かもしれない。

本当に愛しているのだったら、例えその恋が上手くいかなかったとしても、自分の人生を豊かにしてくれたという感謝の気持ちが土台にあるはなのだ。

ただ、うまくいかない恋に感謝をするというのはものすごく辛い。

傷が癒えぬうちは色々と思い出してしまうし、
ご飯を食べよとしたら一緒に食事に行ったことを思い出し、
外を歩いたのなら、道の向こうから歩いてくる気がしてくる。
それは決しておかしなことではありません。
何をしていても、好きな人に結びつけてしまうのが恋なんだ。


 

(こちらは2013年4月まで「バスローブ・ルームウェアの専門店affetto」にて掲載されていたコラムです)



affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /