2013年4月7日日曜日

なぜ、人を好きになると嫉妬するのか

なぜ人は嫉妬をするのだろうか。
嫉妬をしている女性は美しくない。
恋愛に嫉妬は大敵だ。
嫉妬心はいつのまにか女性の心を占領し、余裕を無くす。

だけど、そんな女性がかわいく見えてしまう時もあるから不思議だ。
なぜ人は、人を好きになるとその人の全てを所有したいと願うのだろうか。
ときには、相手の過去や未来にまで嫉妬する。
「この人は今までどんな異性と過ごしてきたのだろう?」
「将来この人の隣にいれるのは、自分なのだろうか?」
いま目の前にいる存在は自分にとって唯一無二の存在なのに、彼にとって自分はそうではないのだろうか。

私と出会うずっと前から彼は人を愛し別れてきたという事実を思うと、胸がチクッとする。
これがただの嫉妬なのか、いずれ自分もそうなるであろう予感なのかは、「感情」が入ってしまうと解らない。

全力で相手を取り込もうとしたら、自分の中で境界線を超える時がある。
会ったことも見たこともない彼の元恋人達が、自分の裏側にいる分身のような錯覚に陥る。

いま自分に日が当たっているということは、
過去の恋人達は陰になっていて、
いま自分に顔が向いるということは、
過去の恋人たちに背中を向けているということなのだ。

そう思うと彼が他の女性の話しをしようが、元恋人を愛していた話しをしようが嫉妬をしなくなる。

少し出会うのが早ければ、自分はすでに陰にいて背中を向けられているかもしれないのだ。
この意識は罪でも悲しみでも淋しさでもない。ただのエゴのようなものだ。

本気で相手を愛し取り込もうとしたら、今まで元恋人達が感じてきた感情がありありと感じられたのだ。
人生の中で元恋人達まで愛おしく思えるほどの存在に、私はあと何人出会うことが出来るのだろうか?




(こちらは2013年4月まで「バスローブ・ルームウェアの専門店affetto」にて掲載されていたコラムです)



affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /