2013年4月7日日曜日

尊重するということ

”相手を尊重する”ということはよく聞く言葉です。
恋愛だけではなく、人間関係全般において言える大切な事です。

ただ、尊重するというのは本当に難しい。
人は、「日」によってだけではなくその「時」によって気持ちが変ります。
一日の気持ちのコンディションが平坦な人はまずいないと思います。
平常心でいるように見えても、嬉しかったり、何かに腹をたててたり一日の中で色々な感情があるものです。


人付き合いが苦手な人は、出来るだけ嫌われないように自分の出方を相手の出方に合わせようとします。
だから疲れてしまうのです。
嫌われない様に、いらぬことまで考えて、自分のことを認めてくれるかどうか不安でしょうがない。
「私を拒絶するとコワいんだよ!」と威嚇をしてみたところで、

絶対に相手とは上手くいきません。
むしろ関係を悪くしてしまいます。

相手がどうでようが、イヤミをいわれようが、八つ当たりをされようが、
「たとえ今は、相手が自分のことを尊重してくれなくても自分は相手の事を尊重する」
ということができて初めて人を尊重できると言えるのです。 

自分の事を認めてくれる相手だけ尊重するなんていうことは誰でもできます。

他人を尊重できる人間になるには、自分を愛することが必要です。
そして、自分の良い所と悪い所を解っていなければいけません。
ただし、「自分はこんなにいい所が沢山あるからすごい人間なんだよ!」
という考えや自信は、時には他人を見下す高慢さへと姿を変えてしまいます。
「自分には欠点も沢山あるが、価値のある人間だ」
という考えこそが、本当の自信につながり、他人を受け入れ尊重できる考え方なのではないだろうかと思います。

全ての人に尊重されたいと思うなら、まずは自分が全ての人を尊重することです。
ですが、これは波大抵の精神力では無理です。
全ての人を尊重するということは、すごく難しいということがわかれば、たまにあなたのことを尊重してくれない人が現れても、必要以上に落ち込むことはなくなります。

これは恋愛でも同じで、彼に尊重されたいのならまず彼を尊重すること。
彼も人間です。
いつも、24時間ずっとあなたのことを最優先にするのは難しいのです。
そして「彼に変って欲しい」と多くの時間を悩むくらいなら、
「自分は彼をどう愛したいのか、どういう人間になりたいのか」
ということを悩む方が幸せは近づくと思うのです。




(こちらは2013年4月まで「バスローブ・ルームウェアの専門店affetto」にて掲載されていたコラムです)



affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /