2013年4月7日日曜日

なかなか人を好きになれない

なかなか人を好きになれないという悩みを多くの人が抱えている。
出会いがないとか、ピンとくる人がいないとか・・・・
恋で悩むのはとても辛いことだけど、相手が見つからないと悩むのもとても辛い。
友人たちの幸せそうな姿をみていると、自分だけ取り残されたような感覚に陥ってしまうこともある。

ピンとくる人がいないという人に、もっと行動しなきゃ!という人がいるけど、
恋愛は人の気持ちの繋がりの問題。
新しい人と出会ったからといって恋に落ちるとは限らない。
友人の紹介や出会い系、今は異性と出会うのに色々な方法がある。
だけど、出口がみつからないのと同じような感覚で、がむしゃらに”まだ見ぬ誰か”を求めても、
探し方を間違えてしまったり、求める方向が変わってきてしまったりする。

  「このままではいけない」

気持ちばかりが焦ってしまい、本当に見なければならないものが見えなくなる。

大切なことは新しく異性と出会うことではなく、新しく出会った異性の”中身”をきちんと知ろうとする気持ちなのに、ピンとくる人がいないと嘆く人たちは、なぜが”中身”を深く知ろうとしていない人が多いように感じる。

外見や肩書きなどいわゆる”表向き”なものにばかり目がいってしまう。
自分を深く知られるのがコワいと感じて、
わざと中身を見せないようにしているのかもしれない。

恋愛以外でも何か新しいことを始めようとするときは、大抵”コワい”に似た感情が生まれる。
自分が経験したことのないことや先が解らないことに挑戦しようとするときは、
『なんかコワい、不安、嫌だ!!』
という負の気持ちが生まれてくる。
だけどこの負の気持ちは最初だけのことが多く、その人やその場に打ち解けられた後は心地よい満足感で満たされる。

そして、恋以外にも打ち込める何かを持つことはすごく大切だ。
人は同じ位のレベルの人と出会い結ばれると言われている。
「運命の人」と出会うときは、自分の精神レベルがあがったときだと言う。
夢に向かって真剣に頑張っていたときに運命に人に出会ったという話が多いのは納得ができる。

恋以外にも真剣になれることがあって、きちんと自分の脚で立っていて、
人の本当の姿に関心が持てる人に恋が訪れるのはそんなに先のことではないのだ。
 



(こちらは2013年4月まで「バスローブ・ルームウェアの専門店affetto」にて掲載されていたコラムです)


affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /