2013年4月7日日曜日

彼の些細なことが気になってしまったら

小さなことで落ち込んでしまったり、くよくよと考え込んでしまうタイプの人がいます。
そういう方は恋愛でも恋人の些細なことを気にしてイライラしたり、不安に思ったりしていると思います。

「ご飯を作ったのに、お礼を言ってもらえなかった」
「いつもよりメールの返信が遅かった」
「友達と長電話・・・私と一緒にいるのに」

ですが、こういう方はこんなことで怒るのなんて大人げない! 

と解っている方がほとんどです。
怒れないからこそ、感情を溜め込んでいつまでも
モヤモヤした気持ちが残ってしまうのです。
そしてモヤモヤした気持ちを引きずりながら、こんな事で悩んでしまう自分に自己嫌悪になってしまったりします。

こんな時は少し視点を変えてみることも大切だと思います。
小さな事を気にかけてしまうということは、それを超す大きな悩みがないということです。

生死に関わるような事態の時は、彼のメールの返信の遅さなんて気になりません。
それ以外の状況が恵まれているからこそ、小さな事が悩めるのです。

彼氏がいない人は、彼氏の事で悩んだりできません。
恋をしていない人は、恋愛でしか味わえない、甘酸っぱいあの気持ちが味わえません。

恋愛以外でもそうです。
会社の同僚の些細な事にイライラしてしまうのは、
あなたには社会にでて働くことが許されている証拠です。
仕事がしたくても出来ない人は沢山います。
友達のちょっとした言動が気になって仕方がないという方、あなたには友達が沢山いるという証拠です。

辛いことから目を背けろと言いたいのではなく辛いことを受け入れてこそ、
見えていなかった小さな幸せを噛み締める事ができるのです。

幸福と不安、
光と陰、
雨期と乾期・・・・

世の中は相反することで成り立っているという所があります。
だからこそ、嬉しい事があった時には大いに喜べるのかもしれません。

誰もが振り向く美人にだってコンプレックスはありますし、
大金持ちの大スターにだって悩みはあります。
毎日が自分の思い通りになれば、すぐにその状況に慣れてしまい、
ありがたみも、達成感も忘れてしまうと思います。
辛いとき、悲しいときこそ心の奥底にある幸せを噛み締めてみて下さい。




(こちらは2013年4月まで「バスローブ・ルームウェアの専門店affetto」にて掲載されていたコラムです)



affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /