2013年4月7日日曜日

いざとなったら1人になれば良い

なかなか自分の思うように事が進まず、悩んでしまうことがある。
頭では解っていても思い切った行動をとれず、宙ぶらりんな状態のまま立ち止まってしまう時がある。

自分の本心を相手に伝えるのがコワい。
別の言い方をすれば、相手が自分を受け入れてくれるかどうか解らないからコワい、という事になる。

知り合ってまだそれほどの月日が経っていないと、なかなか相手の心の動きを感じとることはできない。
何十年も一緒にいて初めて、相手が何を求めているのか解るようになる場合もある。


「好きな人を失うかもしれない」という恐怖は、何事にも変えられないほどコワい。
天才でも悪人でも極悪人でも恋に悩む。
平気なフリをしている人ほど、その悩みは深い。

今までと違う行動を起こそうとする時は、誰でもコワい。
やそれに、
「好きな人を失うかもしれない」という恐怖がくっついてくると、思わず脚がすくんでしまい動けなくなってしうことがある。

身動きがとれなくなってしまい、
相手のペースに流されてしまい、
カラダだけの関係を続けたり、
本当は望んでいないのに浮気相手という立場に留まってしまったり。

何かをスタートさせる時には、先が見えない事の不安や苦労が伴う。
この不安は、いくら歳をかさねても経験を積んでも感じてしまう。
ただ、この不安を一度乗り越えてしまえばその先は色々な可能性がある。
今まで解らなかった相手の気持ちが手に取るように解るようになるかもしれない。

色々な可能性を広げようとする人ほど、
グっとその場でふんばり、不安を乗り越えようとする。
そして、「いざとなったら1人になってもいいか!」という覚悟を決めて動く。

1度この覚悟を決めてしまった人は、本当に強い。
そして、驚くほど成功に近づく。

空振りしてもかまわないという必死さが、良い結果を運んできてくれることがあるように、思い切ることが自分の殻を破って成功に近づく秘訣になる。

そして、そういう人たちは成長し続けようとする。
カラダが大きくなると新しい服に変るように、
技術が磨かれると新しい道具を手に入るように、
人間的に成長すると新しい人との接し方を覚える。
新しい人との接し方を覚えると、相手が望んでいる自分との距離や感覚がつかみやすくなる。

「いざとなったら1人になれば良い」という覚悟が、
今までなかった技術を授けてくれ今まで見えていなかったものを教えてくれる。




(こちらは2013年4月まで「バスローブ・ルームウェアの専門店affetto」にて掲載されていたコラムです)



affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /