2013年4月7日日曜日

愛とはそんなに簡単ではない

大人になればなるほど、ミスがなくキレイに終わらせるやり方を選ぼうとします。
ですが、場合によってそれが最善策かといえば、そうではない場合もあり、
確かに失敗はしていないのだけれど、
どことなくキレイ事に聞こえたり、
自分の中にいつまでもスッキリしない部分が残る事があります。

愛情問題も同じで成長すれば自分を守る事を覚えます。
感情ムキ出しの口論ではダメなんだということを学び、お互いができるだけ傷付かないような距離を保つことを覚えます。

何か大きな変化が起きそうな時、
人は”怖れ”に似た感情を抱き、
どちらの道に進もうか決断しなければいけない時は、
現状とあまり変らない道を選んでしまいがちです。

変化を引き受ける人もいれば、引き受けない人もいます。
もちろん変化は大きくなればなるほど、思わず逃げ出したくなってしまうほどコワい。

ですが変化を引き受けた人のみが、苦しみ、悲しみ、悩み、その先の素晴らしい感情を味わうことが出来るだと思います。


人は地位や肩書きを気にし出すと、一番忘れてはいけない大切な部分を忘れてしまいがちです。

血縁か否か、
不倫か純愛か、
同性か異性か、
本妻か内縁か、
そんな事はどうでもいいとまでは思わないけど、それ以前の問題が全く手つかずになっている場合も多いのです。
忘れてはいけないのは、心からその人を愛しているかどうかだと思うのです。
愛は充実感をくれます。
生活の土台を支え、
自分がこの世に存在してもいいのだという安心感をくれます。
だから、愛される側だけでなく愛する側も満たされます。

ですが最近は愛というと、
相手に何かしてもらったり、
自分が満たされることばかり考えている人が多い気がします。

簡単に「愛している」と言い、簡単に裏切ってしまう。

本当の愛とは、今まで自分中心だった世界から、相手中心の世界へと視点を切り替えることができ、気を配り、見返りをもとめずに愛情を注ぎ続けることなのではないのだろうかと思います。

言葉で書いてみただけでも、こんなにずっしりとした重みがあります。
愛とはどういうことか、本当に心で解っている人は、
簡単に「愛してるよ」なんて絶対に言いません。
愛とは、皆が思っているよりもずっと続けることが難しくて、
努力も必要で労力がいることを知っているからです。

そして「愛してるよ」は本当に最後にこの人だと決めた人にだけ言う言葉だと知っているからです。




(こちらは2013年4月まで「バスローブ・ルームウェアの専門店affetto」にて掲載されていたコラムです)



affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /