2013年4月7日日曜日

諦めるからこそ願いは叶う

諦めると願いは叶う。
まったく逆のようで、実は世の中こんなシステムで成り立っているといっても過言ではない気がします。

”諦める”というよりは”一時忘れる”というほうがしっくりくるかもしれません。
執着や度が過ぎた嫉妬心は、関係を悪くするだけでなく、時には修復不可能にまで関係を悪化させてしまいます。
大切なのは、
・現状は常にかわっていく
・手に入らないものもある
・現状で満足し続けることはない 

ということを理解することです。

・現所は常にかわっていく
恋愛初期の、甘酸っぱい幸福感がずっと続くことはまずありえません。
2人の関係性というのは常に変化していきます。
上手くいけば、ドキドキから落ち着きに変り、安らぎへと変っていきます。
一方で、ドキドキから不安に変わり、執着へ変っていく恋愛もあります。
多くの女性は、恋愛初期の幸福感が忘れられず、彼との関係に距離ができてきた感じたら、 すぐに白黒をつけたがります。
そして自爆・・・・
大人の恋愛は、グレーゾーンを楽しむのが醍醐味でもあるのに、それができずに何度も同じ事を繰り返してしまう。

今すぐは上手くいかないかもしないけど、半年たったら、彼の状況がかわって付き合えたなんてことはよくある話なのに、その半年が待てない。
「ハッキリしてよ!」と責め立てるのはやめて、白黒付けるのはひとまず自分の中だけにすれば辛い失恋もしなくて済むかもしれないのに。

彼との関係は切らずに細い糸で繋いでおいて、またタイミングがめぐってきたと感じたら、
その時に、再度どういうアクションを起こすのか考えれば良いのです。

・手にはいらないものもある

言葉の通り、全ての恋愛が上手くいくわけではないし、世の中には手に入らない男性もいる。
これが解っているだけでなぜか恋愛が成功しやすいから
不思議です。
手に入らない男性もいるのだと解れば、よけいな執着をすることもなくなります。

うまくいかなくなりだした彼にむかって、
「私のこと嫌い?」と聞いてみたり、
「別れたくない」とすがってみたりという、
『重い』行動もとらなくなります。

・現状で満足し続けることはない
人というのは、ものすごく欲深い一面があります。
最初は週に1回会えるだけで幸せだったのに、
その状況になれてくると、もっと一緒にいたい、
もっともっとと、相手に自分の欲求を埋めてもらおうとします。
そして、上手くいかなくなると、怒ってみたり、ジタバタしだします。
こういう行動は、別れに一歩近ずいてしまうことがほとんどなのに・・・・・

付き合いが長くなればなるだけ、欲求は増えるかもしれません。
でも、これを全てだしてしまうのはあまりにもワガママではないかと思います。
付き合いが長くなっても良い関係でいたいなら、相手に変ることを求めるのではなく、自分が変ることのほうが重要になってきたりします。
相手に多くを求めすぎない。
そうすれば、優しさが保てる。
優しさが保てれば、彼を受け入れる心の余裕ができる。

本当に不思議なもので欲しい欲しい!と強く思っている時はなかなか
欲しいものは手に入りません。
ですが、「もう、いいかな~」と思い始めたら、
やっと手に入った!なんて経験ありませんか?

「欲しい欲しい」と思っている時は、自分の思考は偏り、視野は狭くなりがちです。
恋愛という”感情”が関わってくることなら尚さら、観的にみることは難しく第3者の目線でみれているように感じても実はみれていない場合が多いのです。

このことを、知っているのと知らないのとでは、心の持ち方が大きく変わってきます。
大好きな人との良い関係を長続きさせるちょっとした秘訣です。



(こちらは2013年4月まで「バスローブ・ルームウェアの専門店affetto」にて掲載されていたコラムです)



affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /