2013年10月4日金曜日

服従型Sタイプ

SM4タイプのうちの1つ
『 服従型Sタイプ』のご紹介です。

服従型Sタイプは間接的なコミュニケーションを好みます。
ここが支配型Sタイプとは大きく違う点です。

他者の願望を満たすことが
コミュニケーションの基本となっているため、
自然と他者の願望を汲み取るような行動をします。

そのため、自己主張をしなければならない機会が増えると、
心理的負担感じたり、疲れてしまう人もいるようです
また自身が希望しなくても、
リーダーのポジションに就くことも多いです。

相手を満足させてあげることが自身の幸福にも繋がるので、
望みが無い人との接触は精神的に苦痛(不安)になったりします

 間接的コミュニケーションを得意とするので、
 相手の表情や声色を読んで本心を探る能力は、
4タイプの中で一番優れています。

相性が良い:支配型Mタイプ

服従型Mタイプと相性が悪いわけではありませんが、
服従型Mタイプの願望の多くは”相手に合わせること”なので、
毎回服従型Mが動きやすい環境をつくってあげることは、
少々疲れてしまうこともあるようです。

個人的な意見ですが、
このタイプの方は一番怒らせたくないタイプです。
怒りを感じても直接言葉で避難することはまずありませんが、
相手が反論できないように、じわじわと周りを固めていきます。
静かに怒るタイプです。

揉め事がおこっても破局など取り返しがつかないような
最悪の結果にならないように収めようとしますが、
根本にはSの血が流れているので、
自分の言動や行動が招いた結果には全責任を負う覚悟はあります。
そのため、避難や反論されてもびくともしません。
(経営者の方に多いかも!?)

また自分の意見が相手と対立しそうな時は、
服従型Mのように振る舞い、
何気に自分の願望を匂わせ相手の反応を観ます。

このような行動パターンは、
すごく服従型Sっぽいですね。

『服従型Sタイプ=支配型Mタイプ』の関係は
楽観的な雰囲気が強く、
上手く噛み合えば”WIN・WIN”の関係を保てます。

与えて尽くすことが歓びの服従型Sと、
期待して受け取ることが歓びの支配型M。

私が理想とする関係です♡

この服従型S様はインテリエロっぽい方が多いかもしれないですね。
じわじわ責めていく精神的プレイがお好きなような。
いかにも調教らしいストレートなプレイも良いですが、
私はこっちのタイプの方が好みです。

次回は『支配型Mタイプ』の詳細に迫ります。


(この記事は以前 affetto blogに掲載していたものです。)





affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /