2013年10月4日金曜日

支配型Mタイプ

今回は『支配型Mタイプ』のご紹介です。

”M”と”支配型”は反対にように思いますが、
周囲の人々を思い返してみると
絶対に1人は見つかるタイプです。

ハッキリとした自己主張は少ないタイプで、
自分に自信が無いことが多く、
他人に嫌われることを恐れます。

ですが自分の願望や意思は持っているため、
周りが自分の願望を叶えてくれるように
持っていくのは非常に上手です。

このタイプの多くは表現力が豊で、
言葉での直接的表現よりも表情や声色などの間接的表現で
自分の意志を伝えようとします。

そのため、間接的コミュニケーションを得意とする
服従型Sタイプとは非常に相性が良いです。

相性が良い:服従型Sタイプ
相性が悪い:支配型Sタイプ

同じ間接的コミュニケーションを得意とする
服従型Sタイプと支配型Mタイプですが、
大きな違いは自分への自信の有無が大きいようです。

 支配型Mタイプは他人から嫌われることや
現状を変えることへの恐怖があるので、
他者の願望を満たすことを幸福とする
服従型Sタイプとはベストな関係で、

1度信頼関係が出来上がると、
とても堅いパートナーシップを結ぶことができます。 

ですが支配型Mタイプの多くは利己的で
自分への利益を最優先にするので、
依存させない程度にMの欲求を満たしてあげることが、
良好な関係を継続させるポイントとなります。 



 Sでも相性が悪いのは支配型Sタイプ。

直接的なコミュニケーションしか頭にない支配型と
裏を読む間接的コミュニケーションが好きな服従型とでは、
ケンカの際には大きなすれ違が起きてしまいます。 

Mが「もう知らない、帰る!!」という事を言った場合、 
こんな心理の違いがあります。
支配型M→お願い、後を追ってきて!
服従型M→ 追ってこないで下さい。

そしてSの行動も別れます。
支配型S→後を追いません。
服従型S→裏の意味を察して、後を追います。 

同じSとMでも大きな違いです。
このような局面で、
自分のとるべき行動を間違ってしまうと大変ですよね。。。 


ですが、このタイプも怒らせると少々やっかいな時があります。
怒りのアピールも間接的なので、
言葉ではなく不機嫌な態度で意見の違いを表したり、
わざと自分に能力がないフリをして 、
物事の進行を遅らせる時があります。  

相手が怒らないギリギリの範囲での反撃も得意です。

支配型Mタイプの集団から恨みをかってしまったりしたら、
非常にやっかいかもしれませんね・・・

ですが”謙虚さは美徳だ” 無意識で解っているため、
相手が怒りだすと素直に謝ります。

(女性に多いタイプかな?)

人によっては怒りの感情を察知する能力が高いため、
相手が怒りだす直前で急に謝まりだす人もいます。

先回りして謙ることでその場を収めようとしますし、
相手がどう感じるかよりも、
謙る行動をとって相手の怒りを無力化することで、
 自分の精神を保ちます。 


少しずるい一面もありますが、
無邪気で表情豊かでスネる時もあるけど怒られたら素直に謝る 、
というのは小悪魔的女性かもしれません。


周囲にMタイプしかいない場合は、
仕方なく服従型Sタイプになることもあります。

ですが、極力責任からは逃れようとします。

このタイプで容姿端麗で明るい性格の女性は非常にモテます。

間違ったことをしていても自分が悪いという自覚がないため、
”天然”という言葉で済んでしまいます。 

ですが自立心にかけるため自分だけの力での大成は難しいでしょう。

なので良いパートナーを探すことが、
人生をより豊かにする方法かもしれません。 

次回は『服従型Mタイプ』の詳細です。



(この記事は以前affetto blogに掲載していたものです)



affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /