2014年6月21日土曜日

大切なことはたいてい面倒くさい


仕事でも恋愛でも大切なことって大抵面倒くさい。

私は18歳の頃からずっとアパレル業界という、
一見華やかで派手な業界に身を置いて、
この業界以外の仕事はしたことがないし、
たぶんこれからもそうなんだろうと思う。

アパレル業界は一見華やかな業界だけど、裏側は実に泥臭い。
作りたい服が作れていいねと言われることは多いけど、
自分が作りたい服ばかり作っても、売れないと意味がない。
どんなにセンスのあるデザイナーでも、
売れない服ばがりつくってたらすぐに切られてしまう。

売れる服にどうやって自分のセンスを落とし込むか?
これは作りたい服を作るよりよっぽど難しい。

展示会やショー前は朝まで仕事なんて当たり前。
文句を言おうものなら「好きでこの業界にいるんでしょ?」と言われる。
労働基準法がどうの・・・なんて言っているようでは絶対に勤められない。

低いお給料の中服を買って、
「あ!ご飯食べれない・・・」なんていう経験は数えきれない。
だけどこれは必ず芸の肥やしになると信じて、一体いくら費やしてきたことか(笑)

若い頃に頑張って買ったハイブランドの服は今でも大切に着ているし、
ここはこうやって縫うんだ!と勉強になった。
この生地だからこのラインがでるんだ、
裏の生地が二重になっているから自然なボリュームが出せるんだ、とか。
実際に買って着てみなきゃわからないことが沢山ある。

大切なことは時間がかかるし、たいてい面倒くさい。
それは恋愛も同じ。
大切な人が出来てその人ともしかしたらこの先もずっと一緒にいるのかもしれないと思っても、
ちょっとしたことで簡単に関係は崩れる。

慎重に慎重に育てていかないと、
解り合える関係になんてなれない。

何があっても壊れない関係なんてないし、
大抵の場合は何かあったら終わり。

一緒に乗り越えていこうと涙で約束した人でさえ、
自分のプライドや環境が邪魔をして、結局別れてしまう。

お金と愛、損得勘定...何か自分にとって大切か?
自分の大切なものを失ってまで貫き通したいものは何か?
失ってから気づくのでは遅い。
けど、モヤモヤを抱えたままの現状維持はもっと辛い。

孤独と戦う日々を選ぶか、
つがいで生きる大変さを選ぶか。

損得勘定なしで、つがいで生きていくのが幸せだと思うけど、
そいういう関係になるにはやっぱり時間がかかるし、
沢山の面倒くさいを乗り越えてじゃないと、たどり着けないんだろうな。




affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /