2014年6月29日日曜日

セックスレスにバスローブ①


以前から恋愛相談をされることの多い私ですが、
1番はセックスレスとセフレについてがほとんど。

今回は夫婦や長年付き合っていると悩む人も多い、
セックスレスについてのお話をしたいと思います。

レス期間が長くなると、
このままではいけないのは解っているけど、
どうしたらいいかわからず悶々と悩んでしまいますよね。

セックスレスの解消は早ければ早いほど良い。
風邪と同じで早いほど軽い治療ですむのと同じ。
どちらか一方が不安で不安でしょうがないのなら
やっぱりお互いの身体に触れ合う機会は持って欲しい。

考えすぎて何もできなくなってしまったり、
意固地になって「私なんてどうせ・・・」って思ってしまうこともある。

私も過去にありました。
パートナーと一緒にいるのは楽しいのだけど、身体触れたくない。触れられたくない。
今までそんなこと感じたことがなかったから、
なぜ今自分がこんな風に思ってしまっているのか理由がわからなくて辛かった。

私の場合はだけど、どんどん彼への愛情がなくなっていっていたことへのサインだった、
と後から気がつきました。
ちょっとしたすれ違いや我慢からくるストレスが少しづつ蓄積して、
自分でも気が付かないうちに触れ合うことが辛くなっていました。

その関係を修復するのは難しく、
結局その彼とは別れることになってしまいました。
自分でもとまどってしまい「なぜだか解らないけど、セックスしたくない」と彼に打ち明けた時、
「それは多分相手が僕だからだよ。ごめんね」
って悲しそうに言われた言葉は今でも忘れられません。

根本はセックスじゃないもっと違う所にあって、
言いたいことを言い合えない関係だったり、
相手を尊敬できなくなっていたり、
そういう積み重ねが大きくなって、
もうどうにも解消できない位にまで大きくなっていて。

一番の理由は、
そうなるまで問題と向き合わず見て見ぬ振りをしてきたことでした。

お互いにセックスに重きを置いていないカップルなら、もちろんそれでOK。
だけどいま悩んでいる人は、
そうではないから悩んでいるはず。

「どうせ私なんて」
「なんで自分ばっかり頑張らなきゃいけないの?」
辛いよね、相手に拒否されるかもしれないのに、頑張るのは。

セックスレスは急に頑張りすぎても逆効果。
なので無理なくできる方法を考えてみました。

具体的な方法は明日のブログで。








affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /