2014年7月17日木曜日

イエローを選ぶとき

近頃、すごーくイエローが気になります。
イエローのネイルや小物を選んでいます。
(すごーくイエローのバスローブ作りたいし)

何か特定の色や食べ物にハマるときがある私。
そういう時はどこかでそれを求めていると思い、
その色をまとったりします。

かわいいイエローの花束。
こんなかわいい花束をもらったらキュンとします。

黄色のアネモネ。


こんな爽やかな花瓶、今の季節にピッタリですね。

イエローは明るい太陽の色。
古代エジプトでは朝日=オレンジ、昼はをイエロー、夕焼けをレッドとして区別したそうです。

黄色は空の中央にあります。
そして第3チャクラもまた太陽や腹、中心ということからイエローが象徴されています。
腹を据える、センタリング、自分の真ん中に自分を置くということが
イエローの主題になります。
深いでしょ?

そして黄色は良くも悪くも目立つ色。
黄色がネガティブな方向に向いてしまった時は、
周りに嫉妬してしまったり、周囲を批判しがちになるんだとか。
気をつけないと...



だけどどうしようもない時ってあります。
わかってるんだよ、そんなこと!でもどうしようもないじゃないっ!!

っていう時はイエローの補色のヴァイオレットがオススメ。
色相還で向かい合う2色は補色。
どちらが極端に強過ぎるときは、補色を入れて調整してあげることで
全体のコーディネイトが締まります。
これはファッションだけじゃなくて、精神的にも同じ。

ヴァイオレット(紫)は癒しや変容を意味します。
イエローのように自ら輝いたり「自分が!!」っていう色ではないので
ちょうど良いんですね。

頭で考えすぎるのではなくもう少し状況を待つこと、
シンプルに考えなおすしたい時にきっと役立ちます。


改めて色と一緒に最近を振り返ってみると・・・
最近は今後自分にとって何が必要か考えることが多かった気がします。
仕事も、人も、恋愛も、
自分に必要なこと、おそらくもう付き合っていかない人、
一生大切な関係を築きたい人、必要のない仕事。

しっかりと腹を据えて、
焦りすぎる私の悪いクセが出ないように気持ちを落ち着かせていきたいですね。




affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /