2014年8月24日日曜日

受け流すことで上手くいく


という記事の反響が思ったよりも大きくて少しビックリしています。

やっぱり悩んでいる人が多いんですね。
私も色々な方や専門家にもお話を聞いて、
自分の合う方法を見つけていきたいと思います。
良い方法があったら随時アップしていきますね。

ダイエットや美容についてもそうだけど、
情報量が多すぎてどの方法が自分に合うのかが分からない。

そして、自分がPMS体質になってみてわかったこと。
これって・・・子供と似てる。

女性はおしゃべり好きで話を聞いて欲しい時がある。
結論や答えを求めているんじゃなくて、
ただ彼とおしゃべりしたい、「ねーねー」って甘えたい。

PMSの時は甘えたいんです。
具合の悪い子供がママに甘えるような感じ。
甘えたいんだけど虫の居所が悪くて、泣き出したりぐずったりするあの感じと
精神状態がすごーく似てる気がします。

だから正論で、
「どうして今泣くんだ?」「ぐずったって状況かわらないだろう」
と言われてしまうと私のこと分かってくれない・・・ってすごく落ち込みます。

女性がギャーギャー言い出したら、
「ハイハイ、わかりましたよ〜」頭ナデナデ「じゃあ先寝るね、おやすみ〜」
くらいの軽く受け流す感じの対処法が最善策なのではないかと思います。

男性は一つ一つのことを真っすぐに受け止めます。
だから今言われたことについての答えを真剣に答えます。
だけどこの時期に限っては、答えを求めているんじゃなくて、
ただ自分を受け入れて欲しい場合が多いんです。

一つ一つを真剣にうけとめていたら、
おそらく男性の方がパンクしてしまいます。

この時期はどうやって過ごすのがお互いにとって最善なのか、
生理が終わった落ち着いた状態のときに話し合えるカップルは
長続きするんじゃないかと思います。

超個人差がある生理のことなんて知らないよ、という男性もいると思います。
そういう男性は・・・
PMSのない(または症状の軽い女性)と一緒にいるのが一番だと思います。

だけど女性の一生には生理が終わっても更年期障害など
ホルモンがずっとついてきます。
今までは何もなかったけど、急に生理痛やPMSが始まったという話もよくある話。

そのことも踏まえてこの先のことを考えて欲しいと思います。
人ってどちらかが辛いときは支えあって、
「甘えてもいいんだ」と思えることですごく救われます。






affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /