2016年1月6日水曜日

誰に相談するかは、すごく大切だと思う

” 26歳で起業をしたとき、起業経験者の先輩はみんな「いいね、応援するよ!」といって、私の疑問や質問に次々打ち手を見せてくれた。
でも起業経験のない人にいうと、
「絶対無理、悪いことは言わないからやめな」と親切な否定モードで、それ以上の話を聞いてくれる感じでもなかった。

わかるーー!


” 自分と同じ夢を先に実現してきた先輩は、自身も試行錯誤しながら道を切り開いてきた経験があるから、相談者の思いを否定するよりも
「○○してみたら?」と視界を広げてくれて、ヒントをくれる。
夢を実現したかったら、同じ夢を実現した人に話をすればいいんだ。


わかるーー!

共感だらけの今月の「DRESS」での経沢香保子さんの連載。
全文載せたいくらいだけどそれはさすがにまずいので(笑)、
特に共感の部分をピックアップ。


” 折しもいまは、女性活躍を政府も会社も後押ししてくれている時代。
いまあなたが仕事で成し遂げたい夢は前より断然叶いやすいし、助言者も多いはず。
そして何よりも、大きな夢をもってそれに邁進するあなたの姿は、後続する女性たちの憧れとなり、次世代を創り上げていくだろ。


この「DRESS」での連載、
やりたいことがあるけど前に進めないという女性にはぜひ読んでみてほしい。

誰に相談をするのかってすごく大事だと思います。
その道を通ってきた人とそうでない人では、返ってくる答えが180度違う場合のほうが多い。
たくさんの人に話を聞いたり相談するのは大切なことだけど、誰でもいいというわけではない。
何を言われても前に進む気持ちは必要だけど、
自分の中ですでに固い決意があるなら、報告はしても”相談”はしない。
背中を押してほしかったり、あっちの道通って行ったほうがいいよとか、
そういう前向きなアドバイスが欲しくて相談をする。


現在、ベビーシッターを日本の文化にすると邁進している経沢さん。
私もバスローブを日本の文化にするという目標に向かっているので、
彼女の一言一言が共感できすぎる。

経沢さんの言うことがすんごく好き。





affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /