2016年2月21日日曜日

経営者の精神状態が理解できるようになった

アフェットを初めて早5年。
ここ最近は特に、経営とは?ということを考える機会が多かったのですが、
10年後や20年後のビジョンを持つ大切さを感じています。

しっかりと足下を見て経営(仕事)をしていくことが大事ですが、
現実をみるのはすごくコワいし、実際は超落ち込む。笑
一日中数字とにらめっこしていると翌日に謎の発熱をし、
「あぁ、自分の精神力もまだまだだな・・・」ってさらに落ち込んだりする。

だけど他人に笑われるくらいの大きな夢があったら、
それに向かって真っすぐ進むしかないしブレがなくなっていく。
私はここ半年で、大きな夢ができた。

人間はそういうヒトに賛同したり、
この人と一緒にビジネスしたい!って思うのかもしれない。
自分に置き換えて考えてみてもそう。

私は基本的に自信がなくて恐がりで臆病なのだけど、
それを友人に話したらかなりビックリされた。
「成功してキラキラしているように見えるのに、そういう悩みもあるんだね」と驚かれた。
私は逆に、周りからそんな風に思われていたことに驚いた。

例えば服を1枚デザインするのでも、
企業デザイナーの時と今の自分では見る視点が大きく変わった。

企業デザイナーの時は、もっと素敵なもの、もっと良いものを作りたいと思っていた。
だけど今はものを作る全ての経費は自分持ちのため、
売れなかった時のことや負債となってしまったときのことを考える。
頭の中はいつも新しいことに挑戦したし気持ちと、お金の問題とが入り交じっている。

よく、ヒット商品を真似する後発組にしかなれず業績を伸ばせない会社や、
このタイミングでこれ?という商品を開発したり、
なぜここに出店した?と理解に苦しむ場所に出店を広げるお店がある。

昔は全く理解できなくて「センス無いなぁ〜」位にしか思わなかったけど、
今ではそういう経営判断をしてしまう社長の精神状態がわかるようになった。

経営センスと物作りのセンスは全く別もの。

あるヒトに言われた。
「この両方を完璧に1人で出来る経営者なんて、世界中探してもいない。」

だから、信頼できるビジネスパートナーが必要。







affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /