2016年3月27日日曜日

日本にバスローブの文化を、海外にお風呂の文化を

先日の某ネットショップさんとの商談がありました。
バスグッズの専門店さん。
(色々なローブを広げて商談中)

お会いするのは初めてでしたが、実はこのショップさんの存在はかなり前から知っていて、良いショップさんだな〜と思っていたんです。
そしたら何と、先方もうちを知ってくださっていて。

「アフェットさんってバスローブのネットショップやってません?」と。

あら!やっぱり業界は狭いものですね。


アフェットは「日本にバスローブの文化を作る」という目標がありますが、
この社長さんは日本のお風呂という文化を海外に発信していきたとお話していました。

「目標は日本の”お風呂文化”をユネスコの無形文化遺産登録すること」で
HOT JAPANという一般社団法人を設立して活動されているそうです。
大きな志の社長さんはお話していて本当に楽しい!


大のお風呂好きなので、できる限り湯船に浸かるようにしていますが、
お風呂の中の時間って頭と心の整理になります。
SNS&インターネット漬けの生活で、
情報が常に頭の中に流れ込んでくる状態が当たり前になっている。
そして常に情報チェックをしていないと落ち着かない。
ただ流れいる情報を詰め込みすぎて、
一番肝心な、自分にとって必要な情報のピックや施策を練る時間がなくなっていく。
あるとき「これは良くない」と思ったので、できるだけお風呂中でゆっくり考え事をするようになりました。

そういえば、テレビで三谷幸喜さんが言っていました。
「何かをひらめく時は、お風呂をあがって身体を拭いているときが多い」

これすごくわかる!
湯船の中でぼ〜っと考えごとをしている時は断捨離時間のようなものなので、
まだひらめきは降りてこない。
身体を拭いていて、考えごとから意識が離れた瞬間、何かが降りてくる。





affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /