2016年8月7日日曜日

サロメと日常とKRUG

近頃は、お気に入りの自分的名作を読み直したりしています。

オスカー・ワイルドの「サロメ」にビアスの「悪魔の辞典」、赤江瀑の「罪食い」
山口路子さんの「軽井沢夫人」

まだまだ本のストックも山積みだし読み返したい作品も沢山あるので、お盆期間中に読み漁ってみようと思います。

美しすぎるあまり男を破滅に向かわせる”ファム・ファタル”が極端に描かれている「サロメ」の世界を引きずっている夜は、美味しいお酒を飲んでとことん男と女について考えてみるのも悪くないのかもしれません。



”シャンパンを飲む理由を見つけられないのは、想像力の足りない人間だけだ”
という言葉は、昔に聞いた大好きな言葉。

そう、私はただお酒が好きなだけじゃなくて
想像力が少しばかりヒトより盛んなだけなのです♡

日常にシャンパンを飲む理由はあふれているけど、
誰と飲むかで味はすごく変わるもの。
結構な時間がたっても、あの夜は楽しかったなぁ〜と、
うっとりできる余韻を残してくれる人と飲むお酒は特別です。


いつもクールに見られがちですが、
嬉しいことがあった時やイベントごと、何かの節目には
しっかり乾杯してお祝いをしたいタイプなので、
ちょっとした日常の乾杯をおざなりにしてしまう方とは深い仲になれません。

そして空いたボトルの数が楽しかった夜を物語っているのですが...
空き瓶は写さないでおきますね。

あぁ、楽しかったな。
うっとり。





affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /